cubaseのプチプチノイズにイラっ

ちょっと前からCubaseで打ち込んでいる曲があるのですが。

全部内蔵のソフトシンセを使っているからか、最近プチプチノイズが入ってきて。



 ぷちっ ぶち ぷちちっ


     ・・・(-゛-メ) プチッ


ちょ~~~イライラするわっ!

再起動させてもダメ。デバイス設定からASIO解放→再設定してもダメ。

VSTパフォーマンスみても、そんなに使用量多くないはずなのにー。


で、バッファサイズを変えました。

UA-25のREADMEでは、「バッファーは右から6番目にしてください」って書いてあったけど、

右から4番目にしてみた。

e0138504_1771527.jpg


そしたら…治ったけど…。

レイテンシー値大きくない?こんなもん?

実際の作業にはあまり支障ないからいいのかな。(゚-゚;)ウーン


それで今更ながら、システムのパフォーマンスを設定し直し
(バックグランドサービスで最適に)

省エネから高パフォーマンスにもしました。

主婦目線では省エネ第一なんだけどね。使わないときはすぐ消す、ということで。


改めて調べてみると、当然のことなんだけど。

何せ面倒くさがり屋なもんで、問題にぶち当たった時にやっと調べるという(*´σー`)


これで良くなったかな~?
[PR]

  by yk-musicside | 2013-04-20 17:22

<< EOS B700で『1974』 ウォークマンのイヤホンを変えた >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE