愛されるにはワケがある?

え~唱歌の作業も終わり、またもやテープ→CD化第二弾をやっております(^^;
今回は1950~60年代のヒット曲ベスト盤です。
e0138504_224959.jpg

(かなり古いテープと思われる)

e0138504_224366.jpg


今2本目までとりあえず取り込みました。
さすが『不滅のS盤』と銘打ってあるだけに、曲名・歌手名だけでは知らない曲も、
聴いてみると半分は「あ、聴いたことある」って曲ばかりです☆

そのなかに『プリーズ・ミスター・ポストマン』という曲が入っていたのですが、
これってマーべレッツというグループがが1961年にリリースした曲なんですね~。
あたしはてっきりカーペンターズがオリジナルかと思ってました(^^;

そんな感じで、オリジナルが発売されて以降、
数々のミュージシャンがカバーしているような曲がいっぱい入っているようです。
50年代の曲はほとんど聴いたことがないので、勉強になります♪
昔は打ち込み大好きだったので、昔の曲って全然聴いてこなかったからですね・・・
(ビートルズさえまともに聴いたのは20歳を過ぎて!)

愛され続けている曲というのは、やっぱり理由があるからで、
そういう曲は、他にはない何かがあると思います。
あたしもそういう曲をいっぱい聴いて、勉強しなきゃな~と思います(>_<)

ジャンルは違いますが、本もそうだと思うんですよね。
何回も再版された物語(歴史物とか)、伝記・ビジネス本など、
「長きに渡って多くの人たちに支持されている本は、それなりに理由があるんだろうな~」
と、このまえ本屋に行った時に思い立ちまして。
それまで歴史小説とか「昔の人の偉言」とか全然興味なかったのですが、
松下幸之助氏の名言集みたいな本を買っちゃいました。(本田宗一郎氏のと迷った)
うん、すっごくためになりますよ!
  あたしも歳を重ねたのだろうか…?!

『道をひらく』松下幸之助
[PR]

  by yk-musicside | 2008-03-24 22:09 | 音楽日記

<< コード進行で変化! 過去のライブの恥話 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE