気になる人

最近、テクノポップアイドル「Perfume」が気になると言っていましたが、
その曲を手がけている“中田ヤスタカ”氏は、クレジットで見るだけでよく知りませんでした。

で、ふと思い立ってネットで検索してみたんですけど…

今注目されてる、けっこう有名なサウンドプロデューサーだったのですね(@Д@;
しかもQY出身のCubaseユーザー?!

いろんなアーティストをプロデュースされてて、しかも結果を出している。
曲も、テクノポップだけではなく幅広くされてるみたいで。
capsuleといううユニットでも活躍されているそう…知らなかった☆
最近、全然大きなCDショップに言ってないもんな~(;´Д`)

曲を聴いてみると、特にクラブ系の曲とか、まさにあたし好み!
さっそくCDを買おうかと検討中。
しかも…あたしより年下なのね~( ̄ー ̄;

今後は要チェックしたいと思います☆
[PR]

  # by yk-musicside | 2008-02-29 23:32 | 曲紹介とか

ウィンドシンセ見た

ちょっと探し物があって、YouTubeを散策してたのですが、
こんな画像に出会いました↓
映像はコチラより

おぉ~。あたしウィンドシンセ実際に吹いてる映像、初めて見た。
しかも青い。(゚д゚)ワォ

聴いてる分には、鍵盤のシンセリード弾いてるようにしか聴こえないんだけど、
ウィンドシンセを使うメリットってなんだろう。
管楽器プレーヤーだったら、もちろんそのほうが演奏しやすいよね。
あたしはT-SQUAREもウィンドシンセも、ほとんど知識がないので…(--;スミマセン
AKAIといえばサンプラーってイメージだったのですが、ウィンドシンセも有名なんですね。
 そういえば昔、雑誌の背表紙に広告がよく載ってたような。

ウィンドシンセとはちょっと違いますが、ブレスコントローラーということで、
あたしがまず思い出すのが、VA音源のYAMAHA VLシリーズです。
まだシンセ始めたばかりの頃だったのですが、まず価格が40万以上するのに驚き!
そして「息で音色をコントロールするとはこれ如何に???」と不思議でしょうがなかったです。
鍵盤弾きながらブレスコントロールしている様は、けっこうインパクトあるだろうなぁ、と。

でも値段が高すぎるし、それほど興味を持つこともなく今に至ります( ̄∇ ̄*)ゞ
あれから以降、けっこう廉価でシリーズ展開してるみたいですね。

それにしても、やっぱり『TRUTH』はカッコいいなぁ~~


****************
「My System」の記事に写真をUPしました。
[PR]

  # by yk-musicside | 2008-02-28 16:51 | 音楽日記

“Come on Everybody” 昔のデモより。

ここ最近、カセット→CD化をやっているわけですが、
ついでなのであたしの昔のデモテープもCDにしちゃおうかな、と思っております。
当時(DTM始める前)の作品はもちろんデータは残っておらず、あってもカセットのみ…
しかも何回も聴いているので、音質もかなり落ちてるハズ(--;
デジタル化するなら早いほうがいいですよね!

とりあえず、今やってる依頼分が終わったらやっていこうと思うのですが、
ちょっぴり先行して1曲やってみました。
TM NETWORKの「COME ON EVERYBODY」をリアレンジしたものです。
16~7歳のときの作品なので…12年前かぁ(゚-゚;)

これは当時開催されていた「EOS SOUND CONTEST」に応募したものですが、
今聴いても、我ながらけっこう良いアレンジしてるな~と思えるので、UPしました( ̄∇ ̄*)ゞ
オリジナル音源をお持ちの方は、ぜひ聴き比べてみてください☆


  んでは!こちらからどうぞ!!↓  
“Come on Everybody~naughty mix~”
arranged by yokko.




使っているのはもちろん…YAMAHA EOS B700!のみ!(笑)
録音はラジカセに直接繋いだのか、もうMTRを持っていたのかビミョーな時期なのですが…。
音域調整が上手にできてる気がするので、MTR使ってたのかな。
今回UPするにあたって、若干音質と音量を手直ししましたが…何せモトが古いテープですから(^^;


このころは『低音域』と『リズム』でグルーヴ感を出すのに凝ってました。
Kickとsnareはメインの音の他にゴースト的に数種類鳴ってたり、
16ビートなんですが、裏をわざと2~3クロック(1クロック=4分音符/48)ずらすことで微妙なノリを出したり。

っていうか今確認したら、B700って4分音符=48分解だったんですね((((ノ゚⊿゚)ノ
最大同時発音数も24音だし、8トラックシーケンサーだったし。。
今は携帯電話でももっとあるっちゅーねん(^^;
先述のクロックをずらす作業も、1音1音数値でちまちまとやってたけど、
今はクリック一つですもんね(;´Д`)

そういえばいつも、発音数とメモリーと格闘してたような気がします。
曲の質を下げずいかに音数やデータを減らすか?!って(≧□≦;)
時代は進歩しますね~今やそんな悩みは無用でしょう(スペックの問題であれば)


当時は「EOS=小室哲哉」という図式がどーしても世間の反応でして、
さらに女の子となると「どーせ小室ファンがお遊びで買ったんだろ」という目で見られ。(-"-;)ムカッ
あたしは小室哲哉氏のことは敬愛してますが、それは絶対イヤだったのです。

だから曲を作る時も、なるべく小室さんっぽくならないように作ってました。
そして尋ねられるまで「音源はEOS」ということを黙ってました。
すると、誰も「この曲小室哲哉っぽいね」とは言わないのです。
聞かせた後で「これEOSなんですよ」というと、けっこうびっくりされたり。
ほんと人間の先入観ですよね。。


あ、コンテストの結果ですか?

…無賞ですよo(_ _*)o
 いやだって当時はもうB900が発売されてたし、B900は機能が2倍だし。。云々(以下延々言い訳は自粛)



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ランキングに参加中です。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
今回の曲聴いて、自然と体が揺れた方はぜひクリック♪お願いします(。-人-。)

[PR]

  # by yk-musicside | 2008-02-26 12:36 | デモ公開

My system♪

あたしの現在の制作環境をご紹介しときます(。-∀-)♪

e0138504_18452222.jpg

 【PC】FUJITSU FMV DESKPOWER
    Windows XP HomeEdition Version2002 SP2
     AMD Athilon(tm)prosessor 1.20GHz.512MB
 【サウンドカード】M-AUDIO DELTA Audiophile 2496
 【シーケンス・DAWソフト】Steinberg Cubase SL2.0
 【MIDI Keyboard】Roland XP50
 【Mixer】YAMAHA MG10/2
 【Monitor Speaker】EDIROL MA-7A
 【ソフト音源】Steinberg Virtual Instrument Collection,a1,lm-7,
(フリーウェア)synth1,SUPERWAVE, and so on..


フリーVST音源は、他にmda Piano/JX10やSample tank2、sfz、LoopaZoidも入れてますが、
mdaのは個人的に昔のRolandの音質に似てるなぁ~と思うので、その辺の音はXP50に任せてます。
後者のものは、うーん…イマイチ使いにくいのと音色も特に「これがいい!」ということもないので。。
最近は全然使ってません。

今の環境になったのは4年くらい前かな?Cubase SL2が出るのを待って購入しました。
そのまえはYAMAHA XG Works4.0とQY70,XP50でした。
 *それ以前は過去ブログ参照!-コチラから-

何故Cubaseにしたのか?
本当はLogicにしようかと考えていたのですが…まもなくWindows版は廃止されるとの噂を聞いて(--;
周りからCubaseは使いづらいと聞いていたので、大丈夫かな~と思いつつ、
あたしの選択肢にはこのコしかなかったのです( ̄ー ̄;
実際、SX/SLになって使いやすくなったらしいですよん☆
あたしも最初は操作に戸惑いましたが、今は特に問題ないです♪
(でもたぶん機能の1/2位しか使ってないかも…)

Cubaseも今やVer.4になってるし、バージョンアップしたいけど、
別に今のままでも不自由ないし…そこまでするとPCも買いなおさなきゃだし(>_<)
昔のように毎日制作活動してないので、おそらくしばらくは今のままと思います(゚-゚;)
今一番欲しいのは、RolandのFantomXRです!!
楽器屋に行くたびこんなことを繰り広げております(^^;

いい曲を聴いた時は、作曲魂がムクムクと沸きあがりますね!
最近そういう機会も少なくなって、いけないな~(´д`lll)
作曲だけじゃなく、モノづくりの人は常にアンテナを張って情報をキャッチしてないと!
何かを作りだしてアイデアを吐き出したら、新しい情報を仕入れないと自分の引き出しが空っぽになっちゃいますもんね。

わかっちゃいるけど…((o(-゛-;)


そういえばこのCubaseにシステムアップするときにお世話になって、
以来よく遊びに行っていた楽器屋さんの前を先日通ったら、閉店になってました。。
HPもなくなってて…

そこはスタジオも併設されてて、ぱっと見ギターやベースメインの店のように見えて、
でも実はかなりシンセやDTM関連のものも頼りになる、という貴重なお店でした。
店長も気さくで、よく相談に乗ってくださってたのですが・・・。

信頼できる楽器屋がまたなくなって、とても悲しいです(;_;)
福岡にはデジタル楽器を置いてる楽器屋が、どんどん消えています…


      
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ランキングに参加中です♪
クリックしていただけるとYokkoの意欲が1ランクUPします~(*^-^*)

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
[PR]

  # by yk-musicside | 2008-02-24 23:53 | 音楽日記

カセットテープをCDへ

先日FC2ブログに書いた記事の続きです。

************

前回のサウンドカードのときにもお世話になったしまさまからご紹介いただいた、
”SoundEngine”というソフトを早速ダウンロードし、使ってみました!

こういう画面です↓
e0138504_133395.jpg


結果…

ただ録音してWAV変換するなら、cubaseより絶対こっちのほうが楽です~о(ж>▽<)y

できないといっていた『片面一気に録音して、あとで切る』という作業がシンプルにできます。
あたしは『切り抜き』という機能を使いました。
e0138504_1392434.jpg


今Cubaseで3本作業終わったのですが、
今後はこちら(SoundEngine)でやっていこうと思います(o ̄ー ̄o)

音質は特にいじらないことにして、ボリュームは少しあげていくことにしました。
Cubaseでやるゲインとの違いも、素人耳にはわからないと思われ(^^;
かく言うあたしも、出来上がったオーディオを聴いて、それほど違いはわかりません。

今はあまり余裕がありませんが、このソフトには他にもいろいろいじれる機能があるようなので、
ぼちぼち遊んでみようかな~と思います(。-∀-)ニヒ♪
e0138504_1444788.jpg

こんな感じでメニューがあるんですよ♪

あと7本、がんばるぞぉ(*・`д・)q



しまさま、ご紹介ありがとうございました!


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ランキングに参加中です♪
よろしかったら↓バナーをクリックお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
[PR]

  # by yk-musicside | 2008-02-21 00:28 | 作業中

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE